画像
BNR32 スカイライン クォーター腐食修理

title

スカイライン BNR32ステップ及びクォーター錆び修理

BNR32のウイークポイントであるサイドシル。錆び修理にてクォーターパネルを取外します。

クォーターパネルを取外し状態を確認すると、ご覧の様に雨水の浸入で錆腐食が進んでいます。

サイドシルやホイルアーチも腐食により原型が無くなっております。

外観上では確認出来ませんでしたが外パネルを外すと予想以上の腐食が進行していました。

先ずは、リアガラス他、各パネルを取外し、腐食部を修理再生していきます。

ホイルアーチは腐食部を切断して新たなアーチを製作し取り付けます。

同じく、上記写真のサイドシル腐食部を取り除き新たにパネルを継ぎます。

新たなクォーターパネルを取付。共付けにて溶接することで歪みの無い綺麗な仕上がりとなります。

BNR32スカイラインは車暦が古い為、補給パーツも製造廃止が多く他社では修理が出来ない場合でも、当社では必要に応じパネルの部分製作を致しますのでホームページよりお気軽にご相談ください。

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!