画像
BNR32 スカイライン サイドシル強化

title

スカイラインBNR32の弱点であるサイドシルを強化します。

サイドシル強化システム

 サイドシル強化システム

BNR32の弱点でもあるサイドシル。ジャッキポイントにもかかわらずジャッキをかけると潰れてしまう事があります。当社では自社にて製作したパネルで補強を入れることによりサイドシルを強化。
それに伴いスポット増しをする事で、サイドステップを強化します。

インナーパネル製作

 インナーパネル製作

自社製作のステップインナーパネル。このパネルは純正部品での供給はすでに製造廃止となっている為、当社では自社にて製作をしております。純正のインナーパネルは厚さ0.7mmのところ当社では1.0mmの防錆処理済みのパネルを使用してステップを強化します。

補強追加パネル製作

 補強追加パネル製作

ステップパネルは通常インナーとアウターの2枚。この間に1.2mmの防錆処理済補強パネルを
製作して追加します。

サイドシル強化システム作業

 サイドシル強化システム作業

まずは、既存のステップパネルを取り外します。この時、接続部のフロアパネル等に腐食があれば、必要に応じ製作して修理します。

腐食部を修理した後、製作したインナーパネルを取り付けます。純正部品でのこのパーツは既に製造廃止となっており、当社ではオリジナルでパーツを製作致しております。尚、パーツの単体販売もしております。

ジャッキポイントにあたるこの部位はノーマルでは非常に弱く通常のジャッキアップで損傷している車両が多く見受けられます。当社ではサイドシル強化作業の際、さらにパネルを追加して計4層にて強度を確保します。

アウタパネルとインナーパネルの間に補強用の防錆済み1.2㎜の製作パネルを取り付け強化します。

アウターパネルを取付

取り付けの際、スポットの溶接箇所を増やすことでさらに強度を高めます。

お客様には納車後ドライバビリティの変化に大変ご好評頂いております。
BNR32でサイドシルに不安のある方、お車を拝見いたしますのでホームページよりお問い合わせください。

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!