画像
ウォーターポンプ交換

title

事故によるウォーターポンプ交換

事故の衝撃により、ウォーターポンプのプーリー取付部が奥へ押された為、
タイミングベルトと合わせて交換をしました。

写真の通り、ボルトのついた部分が押され真ん中の軸が飛び出しています。

タイミングベルトは10万㎞走行で定期交換となりますが、エンジンオイルをあまり交換しないと、
通常より早く損傷することもありますので、オイル交換は定期的に作業しましょう。

正常な状態では先端部分は平面となります。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!