画像
レパードGF31 フレーム腐食修理

title

日産レパード フレーム腐食修理 左側

リア側のフレームに錆が発生している為、腐食を修理。

 リア側のフレームに錆が発生している為、腐食を修理。

この場所は作業が困難な為、リアメンバー及びサスペンション、燃料タンク、その他付随部品を全て外しての作業となります。

初見にて腐食の度合いは想像できますが。部位を切開するとご覧の通り。2重構造の内部パネルも腐食が進みボロボロの状態です。

先ずは内部パネルの腐食部を取り除き、鉄板を加工して新たなパネルを作成。

既存のパネルと同様に形成して取付ます。

外側のパネルも同様の鉄板から実車と同様に形成して取り付けをします。

損傷箇所を実車と同様に形成して強度も十分に保ちます。

ご覧のように部品自体が製造廃止などでも製作して綺麗に仕上げます。

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!