画像
スズキ キャリー アイドル不調修理

  • HOME
  • 修理
  • スズキ キャリー アイドル不調修理

title

スロッットルバルブ及びISCバルブ分解清掃

アイドリングが異常に高い。ISCバルブのモーターの作動不良が原因です。通常はスロットルボディーASSY又はISCバルブの交換となりますが、実はこの車両は当社の社用車なので今回は
分解及び清掃をしてみます。ちなみに非分解のパーツなので自己責任にて作業します。

このパーツがスロットルボディーです。交換すれば済む話ですが。なにぶん部品代が高いし内部の状態も気になるので、お勉強を兼ねてダメモトで分解します。

まず本体を取外して分解します。

上がISCバルブ、下がスロットルボディーとなります。

こちらが水温により、吸入空気量を変化させる部位。

こちらが、車両の状態によりコンピューターからの信号でモーターを駆動して吸入空気量を変化させるパーツ。

各部品を洗浄しますが、部位により洗浄する事で不具合が出る場所もあるので、気を使いながらの作業です。

組み付けてエンジンを始動すると正常値の回転数に戻りました。今回社内研修の意味もあり分解作業をしましたが、もしモーター自体に支障があれば交換の可能性もありますし、あくまでも非分解のパーツですので作業される方は自己責任で!当社は一切責任を負いません。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!