画像
三菱キャンター オイル漏れ修理

  • HOME
  • 修理
  • 三菱キャンター オイル漏れ修理

title

三菱キャンター エンジンオイル漏れ 修理

お客様よりエンジン上部のカバーからオイル漏れとの事でご入庫。見ると確かにエンジン上部辺りからだいぶ漏れていた。タペットカバーのパッキン交換ならたいした作業じゃないと思いながら確認の為エンジンをスチーム洗浄。してしばらく様子を見ていると、フロント側のカムシャフトのサーキュラーからの漏れを発見。リア側のサーキュラーからも滲みが出ていた。

まずはヘッドカバーを外した後、燃料パイプやロッカーアームやら、もろもろを外してサーキュラー交換の為、カムシャフトのハウジングを取り外します。

ここにサーキュラーが付いておりますのでとりはずして・・・

これが古いサーキュラー。フロント2箇所リヤ2箇所同じ部品を使っています。外してみるとカッチカチに硬くなっております。

綺麗に清掃して、新しい部品に交換。ロッカーアーム他を組みつけた後、タペットの調整をして終了となります。当然ヘッドカバーのパッキンも新品にて交換しました。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!