画像
スパークプラグ

title

スパークプラグ

気化された燃料に火花を飛ばして着火させる部品。レジスタープラグ、イリジウムプラグ、白金プラグと種類があり、その他熱価指数や形状など車種により指定された部品を使用します。交換時期は15000~20000キロ、白金プラグでは約100,000キロとなります。交換時期を過ぎたプラグではカーボンの付着によるくすぶりや、電極磨耗、デポジット(異常燃焼)などの不具合が発生することもあり
定期的な交換を必要とします。

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!